体重ベア ケース

季節の変わり目気になるのが衣類の入れ変えと同じように
ベアのことも気になりますね。

体重ベアをいためさせる原因としてほこり、直射日光、害虫などがあります。
直射日光は色あせや生地の劣化の原因になります。
直射日光の当たらない場所で人形ケースやガラス戸のついた棚等に保管するのがベアにはいいと思います。
ベアにかわいいドレスなどを着せたりするのもほこりなどからベアを守ります。
時には、ケースから出して、表面のほこりをはらってあげましょう。
日陰の風当たりの良い場所でしばらく置いておくのもいいでしょう。

紙箱に保管する場合
無臭の防虫剤を入れて保管して下さい。クラフト紙または中性紙のティッシュペーパーに包んで保管して下さい。
大切にしまっているつもりでも湿気は大敵です。風通しにはご注意ください。

中性紙って?
ティッシュペーパー・トイレットペーパー、コピー用紙は中性紙(灰が白っぽい)と言われています。
異なるものがあるかもしれませんが一般的に新聞紙は酸性紙
手漉き和紙は中性紙で、機械抄き和紙は酸性紙が大体の目安らしいです。

ケースや戸棚に保管しておく場合もありますが、
子供の遊び友達としての体重ベアはどうしても汚れてしまいます。

虫がついてしまった?
ビニール袋にベアと無臭の防虫剤を一緒に入れて、一晩おいておくとよいでしょう。

水洗いできるテディベアもありますが、水につけると傷んだり、縮んでしまう素材もあります。中には洗濯機で洗えるベアもありますが、どれも水につけて洗えるわけではありません。ジョイント付のテディベアは絶対に水につけないようにしましょう。金属部品がさびついたり、傷めてしまいます。
洗い方の注意書きにはご注意ください。

ウエイトドール専用ケースをおすすめします。
ウエイトドール専用ケース

別売ドールケース

ほこりや汚れを気にせず保管できるドールケース、感動の体重ベアをいつまでも綺麗なままに保存できます。
大切なウエイトドールをいつまでも綺麗に守ります。
ケースは各商品ページよりお求めください。